このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 愛知中部水道企業団とは > 水道事業ガイドライン


ここから本文

水道事業ガイドライン

水道事業ガイドラインに基づく業務指標(平成29年度版)

1.水道事業ガイドラインとは

  水道事業ガイドラインとは、水道事業の維持・向上を図っていくため、平成17年1月に公益社団法人日本水道協会によって規格化されたもので、給水サービスレベルなどを定量的に評価し、総合的に判断していくための業務指標(JWWA Q 100:2005)として制定されました。これは、国際規格としてのISO/TC224(水道サービスの評価に関するガイドライン)の考え方に基づいて制定されたもので、国際的にも認知されているものです。
  その後、新水道ビジョンの策定、東日本大震災を受けた耐震対策の強化、水質基準などの水道関係法令の改正といった水道事業を取り巻く状況や背景が大きく変化してきたことを受け、平成28年3月に改正されました。(JWWA Q 100:2016)
  このガイドラインは、「安全で良質な水」、「安定した水の供給」、「健全な事業経営」の3分類、全119項目の業務指標(PI)で構成されています。これらの業務指標により、整備目標や経営効率化への取組など幅広い経営情報を数値化することで、多角的な視点から事業経営の自己診断を行うとともに、お客さまにも分かりやすい情報を提供できるものと考えています。
  愛知中部水道企業団では、より安定的に安心で安全な水道水をお届けすることを目標に、この水道事業ガイドラインに基づく業務指標値を公表しています。

2.試算結果(JWWA Q 100:2016)

  水道事業ガイドラインには基準値が設けられていないため、比較検討する場合、その事業体の地域特性等の背景を考慮しなければならず、そのような使い方は推奨されていませんでした。
 しかし、業務指標で他団体の状況を把握し業務の参考にする事業体も多いことから、利便性向上を図るため、事業運営に与える影響が大きい事項等を主要背景情報(CI)として設定し、業務指標と併せて公表しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイト(新しい画面で開きます)からダウンロードしてください。

ページの先頭に戻る