このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 愛知中部水道企業団とは > 第1次水道施設整備計画


ここから本文

第1次水道施設整備計画

 本企業団では、重要給水施設および基幹管路の耐震化や老朽管の更新を行うなど長期的事業として第1次水道施設整備計画を平成23年度に策定しました。
 事業を開始してから5年経過し、この間には人口増加の鈍化や水需要の減少に伴う水道料金収入の減少、さらに東日本大震災の経験に基づく南海トラフ地震の被害予測も発表されるなど事業を取り巻く環境は変化しました。
 今回の改訂は、第1次水道施設整備計画の平成23年から平成27年までの前期5年間に実施した事業の進捗状況の確認を行い、その結果と事業を取り巻く環境変化を考慮し、後期5年間における計画の再編成および目標の設定を行うこととしました。


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイト(新しい画面で開きます)からダウンロードしてください。

ページの先頭に戻る