このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 愛知中部水道企業団とは > 生活基盤施設耐震化等事業計画、事前評価


ここから本文

生活基盤施設耐震化等交付金と生活基盤施設耐震化等事業計画、事前評価について

生活基盤施設耐震化等交付金とは

 厚生労働省において、地域公共団体等が行う水道施設および保健衛生施設等の耐震化の取組みや老朽化対策、水道事業の広域化の取組みを支援することにより、国民生活の基盤を強化し、もって公衆衛生の向上と生活環境の改善に寄与することを目的として、平成26年度に創設されました。

生活基盤施設耐震化等事業計画とは

 生活基盤施設耐震化等交付金の目的を達成するため、平成27年度は地方公共団体等において、おおむね5年間で実現しようとする目的、事業等を定めた生活基盤施設耐震化等事業計画を作成することとなっています。
 また、生活基盤施設耐震化等事業計画の作成にあたっては、事業計画の効果および効率性等について事前評価を行うこととなっています。


 平成27年度に愛知中部水道企業団が作成した生活基盤施設耐震化等事業計画と事前評価は、以下のとおりです。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイト(新しい画面で開きます)からダウンロードしてください。

ページの先頭に戻る