このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 水道とわたしたち > 水道のうつりかわり


ここから本文

水道のうつりかわり

タップくんの絵

いまのような水道ができるまえ、人間は、川や地下水(ちかすい)などの自然の水をそのまま使っていたんだ。
でも、おおぜいの人が町をつくってくらすようになると、伝せん病のよぼうや消火(しょうか)のためにも、安心して水を使えるようなせつびが必要になってきたんだ。
そこで、川や湖の水を砂などでこして、きれいにしてから町にひいてくることが考えられ、このようなしくみの水道が、1829年に世界ではじめてロンドンにつくられたんだ。日本では、1887年に、横浜(よこはま)にはじめてつくられたんだって。
いまでは、日本のほとんどの人たちが水道を使っているけど、世界中では、まだ3分の1しかゆきわたってないんだ。
きれいな水を自由に使うことができるわたしたちは、とってもめぐまれているんだよ。

愛知中部水道企業団水道年表(ねんぴょう)

西暦
(せいれき)
和暦
(われき)
できごと  
1954~1961年 昭和29~36年 いど(地下水)の水を使っていた
簡易(かんい)水道ができた



1696~1970年 昭和44~45年 豊明市(とよあけし)・日進市(にっしんし)・長久手市(ながくてし)・東郷町(とうごうちょう)に木曽川(きそがわ)から水道の水がきた
1971年 昭和46年 みよし市に矢作川(やはぎがわ)から水道の水がきた
1975年 昭和50年 豊明市・日進市・みよし市・長久手市・東郷町の水道がいっしょになって、愛知中部水道企業団(あいちちゅうぶすいどうきぎょうだん)をつくった
1978年 昭和53年 三ヶ峯配水場(さがみねはいすいじょう)がかんせいした
1982年 昭和57年 東郷配水場(とうごうはいすいじょう)がかんせいした
1983年 昭和58年 二村山配水場(ふたむらやまはいすいじょう)がかんせいした
1986~1987年 昭和61~62年 冬に雨が少なくて水道がこまった
1987年 昭和62年 横道配水場(よこみちはいすいじょう)がかんせいした
1993年 平成5年 三好ヶ丘配水場(みよしがおかはいすいじょう)がかんせいした
1994年 平成6年 夏に水が少なくて時間断水した
1995年 平成7年 阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)がおこり、企業団(きぎょうだん)から応援(おうえん)にかけつけた
2011年 平成23年 東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)がおこり、企業団から応援にかけつけた

水道の豆ちしき

水田が洪水(こうずい)を防ぐ?

 もし木曽川にいちどに雨水(あまみず)がながれこめば、かりゅうでは大こう水になってしまいます。そうならないのはじょうりゅうの森の土に水がたくわえられるほかに、かりゅうでも田畑に水がたまるからです。だから近くにすいでんがない大都会は、大雨がふるとこう水がおこることがあります。 農業(のうぎょう)は食べ物を作るだけでなく、安全(あんぜん)な国土(こくど)を作るためにひつようなのです。

ページの先頭に戻る