このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 水道とわたしたち > もし水道がとまったら


ここから本文

もし水道がとまったら

タップくんの絵


雨がふらなかったり、地しんなどで水道の水が家庭まで送れなくなると、水がなくて毎日安心して生活(せいかつ)ができなくなるよぉ。
 

飲(の)み水にこまった。
水道がでなくて困った男の子の絵

プールで泳げず教室でせつ明だけだった。
教室にいる女の子の絵


トイレのあとでも手が洗えず
おしぼりや消どく液を用意した。
トイレで困る女の子の絵

給食のおかずが思うように作れず、
パンと牛乳などのかんたんなこんだてだった。
給食の絵


洗たく機(き)は使えず、ポリだらいで洗った。
たらいで洗濯するママの絵

水洗便所(すいせんべんじょ)は
流せずバケツの水を流した。
トイレとバケツの絵


おふろやすいじにも家ぞくのみんながたいへんこまりました。

水道の豆ちしき

  • 企業団(きぎょうだん)では平成6年8月18日から平成6年8月31日までの間半日水が止(と)まりました。
  • 断水期間(だんすいきかん)中は時間給水(じかんきゅうすい)だったので、すいとうやバケツに水を
    貯(たくわ)えなければなりませんでした。

ページの先頭に戻る