このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 愛知中部水道企業団議会 > 企業団議会の仕組みと運営


ここから本文

企業団議会の仕組みと運営

議員

議会の議員定数は、15人と規約で定めています。企業団関係市町の議会において、各市町3人が選挙で選ばれます。

議長・副議長

議長と副議長は、議会において議員の中から選挙で選ばれます。議長は、議会の運営や秩序の維持にあたり、対外的に議会を代表します。副議長は、議長に事故があるときや議長が欠けたときに、議長の仕事を代理します。

議会

議会は、定期または臨時に一定の期間だけ開催されます。定期に開催される会議を定例会、必要に応じて開催される会議を臨時会といいます。企業団の定例会は、条例で年3回(3月、7月、12月)と決められています。

議会運営委員会

議会運営委員会は、議会の運営に関する事項、議会の会議規則・委員会条例等の制定、改廃に関する事項、議長の諮問に関する事項等の審議を行ないます。

議会の傍聴

議会は、自由に傍聴することができます。傍聴するには、議会の当日、庁舎3階の受付で受付簿に住所、氏名をご記入していただく必要があります。

ページの先頭に戻る